TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

秋の「コンビニスイーツ」たち。
2017/09/17
スイーツの棚が、
すっかり、
「秋」になったコンビニ。

「コンビニスイーツ」の美味しさは、
デパ地下の高級スイーツ店に負けないくらいだと、
知っているので、

ふらっと立ち寄るたび、
ココロひかれます。

今のところ、
一番好きなのは、
ふわふわもちもちのさつまいも色の、
お芋のシュークリーム。

まずは、
「さつまいも」から、
トライしています。

栗や抹茶やほうじ茶にも、
トライしたいけれど、

「秋」は短いから、
どうなるでしょう。

フルーツにもトライしているので、
朝食、昼食、夕食のうち、
ひとつは、スイーツかフルーツになってしまいそう。

秋の食生活は、
なかなかバランスが難しいですね。

美味しいものがありすぎなんですね。
きっと。
(yui)

icon

「ちょうどいい風」の吹くベランダで。
2017/09/10
今日は気持ちよい風が吹いているなあと、
ベランダで読書中。

午前中から、三冊ほど、
読み終えました。

冷めないように、
保温付水筒にカフェオレを入れて、
時々、飲んで。

マグカップより、
全然冷めないので、
のども温まって、良い感じ。

「ちょうどいい風」の吹くベランダは、
小さな部屋が一つふえたみたいで、
気候の良い日曜日は、
新鮮な感覚と、
本当に心地よさを感じます。

昨日は、桐生選手が、
100mで日本人初の9秒98の記録を出した事に、
ものすごく感動して、
スポーツニュースをほぼ鑑賞。
嬉しさも続いていて、
ココロがとっても穏やかで、

ああ、こういう「気温」が、
ずっと、ずーっと続くと幸せだなあと、
願いながら、
4冊目を開きます。
(yui)

icon

何を購入したらいいのやら・・・。
2017/09/03
更新したのが、
いつだったか忘れてしまうくらい、
使い続けていた携帯(スマホ)。

カメラ機能も壊れ、
不審なメール攻撃に四苦八苦し、
アプリも使えず、
メモリも無くなり。
さすがに、新機種にした方が良いと、
勧められたものの、
何を購入したらいいのやら・・・。

いつのまに、
携帯(スマホ)はこんなに高価に、
こんなに多機能になってしまったんだろう。

電話とメールだけ出来れば、
良いような気もするし。

でも、カメラ機能は大事な気もするし。

「携帯」がこの世に登場してから、
二十数年。

ずっと、この課題に、悩んできた気がします。

「あ、この携帯。ずっと使いたい」と、
思えたのは、一度くらいだったかも。

いろんなカタログと情報を見ながら、
自分好みに、
創れたらいいのになあと、思ったりしています。
(yui)

icon

クラクラ。
2017/08/26
今年の夏は、
雨が多くて、
ジメジメしていて、
除湿機能が大活躍でしたが、
いきなり、また「真夏」の気温。

アスファルトを久しぶりに歩いたら、
何だか、クラクラ。

雑草も咲いていない歩道は、
相当の暑さがたまっていて、
ベトナムで体感した気候を、
ふうっと思い出しました。

四季がある事はいろんな花たちが咲いて、
素敵だなあと思っていましたが、

春から徐々に夏になる「合間」とか、
夏から徐々に秋にある「合間」とか、

大好きな「合間」の気候が、
年々減ってきて、
ちょっと寂しさを感じます。

「秋になりかけ」の気温や風を、
今年もたくさん見つけなくちゃと、
思います。
(yui)

icon

「終戦の日」の「更新」。
2017/08/15
ボルト選手の最後の雄姿を観て、
感動と名残惜しさがつのる夏。

ため込んでいた、
新たに判明した、
「戦争」に関するドキュメンタリーを、
少しずつ、鑑賞しながら、

毎年、
戦争に対しての、
情報が自分の中に「蓄積」され、
昨年より、客観性を持って、
また「終戦の日」を、
「更新」しています。

どうして、起こり、
どうして、戦い、
どうして、必要以上に傷つき、
どうして、敗戦したか。

「むごたらしさ」だけに、
目を向けても、
何も理解出来ないので、

納得が出来なくても、
理解が出来たらいいなと、
思います。

「いじめ」や「虐待」が、
世界中で止まないように、

どこかで、
「戦争」の「火種」は、
くすぶり続け、
燃え広がるのを待っていてる、
今日この頃だと、
どこかで、わかっていても、

「思いやり」の力を、
何とか、バージョンアップして、
「助け合い」の気持ちを、
何とか、伝染させて、

穏やかな笑顔あふれる世界に、
近づけばいいなと、
思ったりしています。

やさしいココロがたくさんある世界が、
未来に残されていってほしいなと、
願います。
(yui)

icon

「甲子園」と「世界陸上」と。
2017/08/05
今年の世界陸上は、
開催地がロンドンなので、
「生放送」で観ようとすると、
かなりの寝不足になりそう。

夏の高校野球も始まるし、
両方を、
応援しようとすると、
かなりの「量」。

でも、
頑張っている姿には、
元気をもらえるので、
元気の「おすそ分け」、
してもらえるよう、
出来る限り、目に焼き付けたいなあと、
思います。

15年間も、
陸上競技で一番好きな、
100M走を盛り上げてくれた、
ボルト選手の、
最後の「走り」も、
感謝をこめて、
しっかり見届けたいです。

「世界水泳」や「インターハイ」も、
少しずつ観戦してきましたが、

何度観ても、
ワクワク、ドキドキ、ハラハラ。

頑張る姿は、誰も、
代えの無い、
「かっこよさ」にあふれていますね。
(yui)

icon

せつない「蝉たちの声」。
2017/07/29
木々のそばを通ると、
せつない「蝉たちの声」。

あまりに、「絶叫」のように、
聴こえるので、
「何だか、泣いているよう。
何年も土の中にいて、大人になったら、
1日しか、生きられないんだもんね」と話したら、

「蝉の最近の定説は、二週間くらい、
生きてるって。1日じゃないよ」と友人。

「1日じゃないのかあ」と、
ちょっとほっとしたけど、
「二週間」というのも、
やっぱり、短いなあと思い、
木々に耳を傾けると、
更に、ボリュームを増した、
大きな大きな蝉たちの声。

「頑張って生きているよー!」って、
叫んでいるようで、
ココロの中で、
「頑張って!」と、
応援しました。

蝉たちの声の聴こえない夏は、
寂しいので、
今年も、
来年も、
ずっとずっと、
大きな声で、鳴いてほしいものです。
(yui)

icon

「三度寝」。
2017/07/17
眠りたいのに、
暑さで眠れず、
クーラーで寒すぎて眠れず、
朝、また暑さで眠れず。

一晩じゅう、
「三度寝」が続き、
寝不足の日々です。

7、8時間ほど、
「途中で起きない睡眠」が理想なのですが、
どうしても、
気温調節がうまく出来ず、
空調のコントローラーとの闘いで、
四苦八苦。

ちょうどいい、コントローラーの、
「予約の仕方」にたどり着くまで、
この「三度寝」が続くのかと思うと、
「ぞわっ」とします。

皆さんは、
この熱帯夜。
どう、やりすごしているのでしょう。

都心部だから、
気温が下がらないのかなあ。

どこか、避暑地にゆきたいけれど、
避暑地と言われている場所も、
相当の猛暑。

夏はどんどん、
大変になっていますね。

夏休み。
夜風にあたりながら、
スイカをほおばって、
線香花火を囲んで、
祖母の家で過ごしていた、
小さな頃の「縁側」に、
ああ、もどりたいなあと、
ふうっと思ったりしています。
(yui)

icon

まぶしい「七夕」の午後。
2017/07/07
早くも、「七夕」。
まぶしい夏の陽射しが、
窓の外に広がっています。

けど、
また、日本のどこかで、
豪雨の被害。

最近、
「爆撃に注意」のCMが多々流れて、
今にも、
戦争がはじまりそうな気分にさせられて、
皆、「不安感」ばかり募らせられて、
「妙な国化」が進んでいるようで、
せつないなあと思っていますが、

天災の多い場所なので、
いろんな意味で、
「安心の出来る場所」にしてほしいなあと、
願います。

「悪意」が「善意」を上回ってしまった時代は、
ますます、生き抜いてゆく力が必要で、

そんな時、
「安心の出来る場所」が一つでもあれば、
ホッと一息つけるから、

くじけそうな天災に出会っても、
温かさが待っているような、
そんな国(場所)になるように、

くじけそうな出来事に出会っても、
温かさを分け合える、
そんな人が少しずつふえるように、

皆が、とりこぼしなく、
幸せな笑顔の瞬間がたくさんあるように、

今日はココロの「短冊」に、
書きとめます。
(yui)

icon

「ひと昔前の本たち」。
2017/06/26
本棚を一つ分。

整理をしようと、
どんどん、本を床に置き始めて、
仕分けを始め、
「処分行」のコーナーに、
置いたものの、
ちょっと気になり、
1ページ。

その1ページが始まりで、
「倉庫行」が、
「処分行」より、またふえて、
本たちが行ったり来たり。

どこかに潜んでいた、
「捨てられない症候群」が、
むくむくと顔を出し、

整理しているのか、
読んでいるのか、
わからない時間が過ぎて、

気がつけば、
「ひと昔前の本たち」の面白さに、
見入ってしまいました。

スマホやネットが無い時代の方が、
「思慮深い」言葉が多くて、
ココロが温まります。

本はふえてゆくばかり。
でも、本の整理はとっても難しい。
でも、本棚には限りがある。
整理の「基準」を作り直さないとと、
思います。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2017 | Contact Information