TOPPAGE  |   PROFILE  |   NEWS  |   DIARY  |   LETTERS  

 
icon
yui's place






diary 西脇唯が日々のできごとやメッセージを書きつづります

「もう、ひと頑張り」。
2022/01/15
また、違うコロナの変異。

「オミクロン株」が、
年明け早々、流行り始めて、
何とも言えない気持ち。。。

空気感染するので、
布マスクや、
ウレタンマスクでは無く、
不織布マスクにした方が良いとの、
アドバイス。

多分、
そうだろうなあと、
感じていたので、
布マスクやウレタンマスクは、
「マスク棚」の、
1番後ろに、
しまい込んでいますが、

息苦しさを感じない、
いろんな人に合う、
もっとサイズの豊富な、
不織布マスクが販売されると、
嬉しいなと思います。

しかし、
ワクチンの「筋肉注射」の、
後遺症が、まだ続いているので、
3度目のワクチン注射に対しては、
最近、とても悩んでいます。

「副反応」については、
情報がありましたが、
「後遺症」については、
ほとんど、情報が無くて、
困りました。

「どんな事」にも、
「リスク」があるんだなあ。。。
何処かで、わかっていても、
新しい「理不尽」には、
残念な気持ちがムクムク。。。

「筋肉注射」は、
町のお医者さんより、
熟練度の高い、
ベテランの看護師さんが、
1番リスクが低いそう。

そんな人を探し出すためにも、
出逢えるためにも、
「もう、ひと頑張り」が、
必要な「事態」の、
只中なんだなあと、
思い知る、1月です。
(yui)

icon

*・・*・'*謹賀新年'・**・・*
2022/01/01
つい先程、
2022年が、
始まりました。

また、真新しい1年に、
出逢えます。

海外のコロナ禍が、
「悪化中」なので、
何処か、不安がよぎり、
嬉しいような、
怖いような、
そんな気持ちが、よぎります。

ただ、
昨年の秋のような、
せつない毎日にならないよう、
体調には、
気をつけて、気をつけて、
過ごさなくてはと、
強く思います。

今、この時も、
長い間の、
ファンクラブの皆さんの、
「応援」に、
友人たちの「励まし」に、
とても感謝。。。

どうか、
取りこぼしなく、

「温かな時間」に、
たくさん、たくさん、
出逢えますように。

「笑顔になれる瞬間」に、
たくさん、たくさん、
触れられますように。

「やるせなさ」に、
たたずむ事の少ない日々を、
歩いて行けますように。

ココロから、願う、
1月1日です。
(yui)

icon

真冬の「青空」の「匂い」。
2021/12/30
今日もマスク、コートに、
マフラー、アームウエア、
ヒートテックと、フル装備。
とても寒い1日でした。

だけど、
冬の東京の「青空」の、
美しいこと。

雨の日や、
曇りの日、
雪の日には、
気持ちが、予想以上に、
「どよん」と、
よどみますが、

真冬の透きとおる、
ピッカピカに輝く「青空」は、
「希望」のような、
「匂い」を感じます。

青空に見惚れながら、
郊外の大きなホームセンターに、
出かけたら、
たくさんの花たち、木たちの、
鉢植えに出会えました。

780円で、
10鉢も連れて帰れるなんて。
都心部では、
考えられません。

また、何度か、
出かけて、
連れて帰ろうと即、
決心しました。

帰宅したら、
ドアの前に、
皆、お正月飾りを、
飾り付けしていたので、
まだ、早いかなと、
思いつつ、
私も小さな飾り付けを、
一つ。

クリスマス飾りを、
寂しい思いで、
片付けしたばかり。

お正月飾りは、
とても晴れやかで、
取り付ける時は、
背中を押される感じになりました。

ウイルスの蔓延があって、
再び、
「心配」の尽きない年末年始ですが、

新しい1年に、
出逢える事には、
とても感謝です。
(yui)

icon

東京タワーツリー。
2021/12/25
東京タワーツリー。

東京タワーが、
東京の街全体の、
大きなクリスマスツリーになって、
輝きを、
届けてくれています。

今年もとても、温かな色の、
グラデーション。

「クリスマスと言う名の時間」も、
あと少し。
慌しい「年末年始の時間」に、
変わって行きますね。

真っ赤なポインセチア、
ピンクのシクラメンの後、
飾ってみたい花を探していたら、

「ウインターコスモス」、
「スイートアリッサム」、
「ブルーデイジー」。

この組み合わせが、
可愛いなあと、
お取り寄せ先を、
検討中。

春に咲く花たちの、
種や球根を、
探してみましょう。

あと6日。

大掃除も大片付けも、
待ち構えていますが、

和みの多い部屋作りを、
更に極めてゆきたいなあと、
自身に課しています。
(yui)

icon

*:.:*・'*Happy Holidays '・*:.:*
2021/12/23
クリスマスイブ。

病院の帰り道。
表参道で、
街路樹に、イルミネーションが、
灯る「瞬間」に、
出会いました。

まるで、
自分のために、
灯されたような感覚で、
久しぶりに、感動しながら、
足を止めました。

道行く人並みは、皆、
手に、大中小、
さまざまな紙袋。

コロナ禍とは、
思えない程の、
車の渋滞。

幸せそうな笑顔が、
街並みを飾っている光景は、
良いものですね。

イルミネーションと笑顔は、
特に、よく似合います。

海外では、
オミクロン株が、
流行り出して、
「心配の種」が、
またむくむくと、
顔を出していますが、

イルミネーションと、
「本当の笑顔」が、
街を飾る日が、
待ち遠しい1日です。
(yui)

icon

オリンピックのチケット。
2021/12/21
「オリンピックのチケットの払い戻し、した?」と、
友人に聞かれ、

更に、12月6日で、終わっている事も、
知らされ、唖然。。。

そんなニュース、
あったかなあと、
不思議な違和感。

委員会からのメールを確認してみても、
どこにも、
「お知らせ」が無いし、

サイトを見てみると、
6日で、終了の文字。

何だか、納得出来ない感じだけど、
この頃は、
「自分で」どんな事も、
調べたり、やったり、確認したり、
しなくちゃいけない事が、
増えたなあと言う印象です。

自治体も、お店も、
何も教えては、くれません。

お店が無くなって、
使えなくなったポイントカードや、
アプリ。

でも、永遠にどこからか、
届く「メール」と「ハガキ」。

迷惑メールに指定しても、
郵送局に、配送中止をお願いしても、

時間と交通費が無駄になるだけて、
おかしな世の中、世界だなあと、
信号待ちしながら、
思いました。

今年の冬は、
寒いですね。

いつもの冬より、
しんしんと、寒い風が、
吹き抜けていますね。

空は青さが増して、
とてもきれいなのに、
マスク以外の部分が、
凍りそうな空気。

雪の降る場所に、
住んでる人たちは、
気をつけて、気をつけて、
過ごして欲しいなと思います。

あと今年も10日ほど。
悔いの無い年末年始に、
しなくちゃと、
思っているところです。
(yui)

icon

急いで、急いで。
2021/12/18
クリスマスの飾り付けを、
急いで、急いで。

クリスマスカードの作成を、
急いで、急いで。

ファンクラブの新しい会報のエッセイを、
急いで、急いで。

12月になった事にも、
気づかないで、
やるべき事が、
結構、溜まってしまって、

この2週間は、
急いで、急いで。

10月、11月の体調の悪さが、
ここへ来て、ギュンと、時間が、
詰まった感じになって、

頑張って、取り掛かっているところです。
(yui)

icon

晩秋のベランダ。
2021/11/26
生まれて初めて、
ネットで、
「土」や「小石」や「栄養剤」などを、
取り寄せました。

ベランダに置いてある、
鉢たち。
吹く風邪や降る雨などに、
毎日、見えない程の分量、
土の表面を削られていたようで、
ベランダの隅に溜まるでも無く、
飛んで行ってしまうようで、

気がついたら、
とても「寒そう」な感じになっていて。
とても申し訳ない気持ちになりました。

お水だけ、
あげれば良いものでは無いことは、
分かっていたのに。

余裕が無くなると、
「気をつけてあげる」事を、
忘れがちになるなあと、
大反省です。

どんな事も、きっと、
そういうもの。
どんなものも、たふん、
そういうもの。

きれいになった、
晩秋のベランダにも、
教えてもらえるものが、
いっぱい、揃っています。
(yui)

icon

日向の「明り」。
2021/11/11
カサカサと、
踏みしめながら、

ハラハラと落ち葉が、
舞い降りる、
並木道を歩いてみました。

ポコポコと、
木々の間から、
晴れた空からの「贈り物」。

日向の「明り」たちが、
そこかしこ。

今日は、とても、素敵な、
ちょうど良い気温の、
「秋」が届いていましたね。

こんな「日」に、
毎日、出逢えたら、
ココロも身体も、
グングンと、
元気になりそう。

紅茶を飲み飲み、
頑張る日々です。
(yui)

icon

「紅茶」に感謝。
2021/11/06
冷たい飲み物が、「禁止」になったので、
常温のお水に変えました。

1日に3回は、
温かな紅茶を飲むように言われたので、
久しぶりに、たくさん紅茶を買い、
2週間ほど前から、
マグカップに一杯の紅茶を、
3回飲んでいます。

温かな緑茶やほうじ茶も、
やさしい味がしますが、
温かな紅茶は、
包み込んでくれるような効果も、
感じます。

今は、「紅茶」に感謝。
「寒暖差」に負けないココロと身体に、
するために、
力を貸してくれています。
(yui)

icon

「セイタカアワダチソウ」。
2021/10/30
黄色の花が、印象的な、
「セイタカアワダチソウ」。
ススキとは、一緒に生存出来ない事を、
最近知りました。

秋の良い風景だなあと、
思って見ていましたが、
知らない場所で、
「生存競争」が、
行われていたんですね。

友人は、
「ブタクサ」のアレルギーが、
あるため、

見た目がそっくりな、
「セイタカアワダチソウ」を、
見るだけで、
鼻のあたりが、痒くなるのだそう。

確かに、よく似ていますね。
「セイタカアワダチソウ」と、
「ブタクサ」。

しばらく、「晴れの日」が、
続いてくれて、
お日様にもたくさん励まされ、
ほっと一息。

秋の晴れた日の、
朝のお日様は、
とても「やさしい手」を、
しています。
(yui)

icon

「秋」の少ない10月に。
2021/10/28
ちょうどいい風の吹く、
ちょうどいい気温の「秋」。
それがとても少なくて、

今年の秋は、
寒暖差が、激しくて、
対応が出来ないまま、
「静養状態」で、
過ごしています。

晴れた日の、
朝のベランダで、
ちょっとずつ、
「お日様」に、
肩を、
「ポンポン」してもらっています。
(yui)

icon

「違和感」。
2021/09/30
また新しく、
iPhone 13や、
折りたたみスマホなどが出て、
早く買い換えたら?と、
勧められていますが、
なかなか、決心はつきません。

「ガラケーでも、いいもん」と、
長い間、ガラケーで過ごしていたり、
iPhone にようやく換えても、
古い型のまま、ずっと過ごしたり。

「携帯電話」を、
持ち出してから、20数年。
一度くらいしか、
「しっくり」馴染んだ事が無いので、
どこを妥協するのか、が、
とても難しいなあと、
感じています。

スマホ本体の値段にも、
とても違和感。
どうして、こんなに高いんだろうと、
不思議に感じてしまいます。

どうしても使いたい機能を、
再度、アナログに書き出して、
何度でも、考えてみなくてはと、
思っています。

あと、最近、
どんどん、セルフレジが、
増えて、そちらも、
さて、どれで支払いをすれば?と、
マゴマゴ…。

「すへてスマホ」じゃないと、
と言う場面、
「すべて自分で」と言う場面の、
増え方の「早さ」に、
何だか不安さえ、感じています。

「コロナ禍」なので、
「非接触」な物が開発されてゆくのは、
良い事だなあと思うのですが、

いろんな種類の「違和感」が、
随分増えたなあと、感じるこの頃です。
(yui)

icon

「中秋の名月」。
2021/09/22
昨日は、
「中秋の名月」。
きれいな「まん丸」のお月様が、
輝いていたので、
5分ほど、眺めていました。

今日も、
とても「まん丸」な、お月様。
ちょうど、ススキが、
風にさやさや、動いてる場所から、
眺めたら、とても、良い感じな、
「お月見」になりました。

小さな頃から、
目が悪い私。

「まん丸」な感覚は、
きっと、他の人とは違うんだろうなあと、
思いながら、
長い間、眺めて来ました。

夜風が、秋っぽく変わって、
気持ちがホッとしています。
マスクをちょっとだけ、はずして、
呼吸をしました。

どこか、和む場所へ、
ピューンと、飛んで行きたい気分です。
(yui)

icon

「シラタマホシクサ」。
2021/09/17
絶滅しそうな、
「シラタマホシクサ」。
今年も、咲いてくれている場所があって、
一安心。

金平糖のような、
白く丸い花たちが、
風に揺れている姿が、
とても、愛おしいです。

彼岸花も、そこかしこ、
咲き始めましたね。

「お彼岸」中には、
お花とお菓子を持って、
お参りに行きましょう。
(yui)

icon

「マイエコ保冷バッグ」。
2021/09/10
なんだか、
ここ、2年で劇的に増えたもの。

ちっちゃいのから、
大きいのまで、
数えたら、
15個も、ありました。

「エコバッグ」と「マイバッグ」。そして、
「保冷バッグ」。

結構、使いやすい物と、
意外とすぐダメになっちゃう物と、
あって、

カバンの中で、
邪魔にならず、
とても軽いのに、
ちゃんとお仕事してくれる、
「精鋭たち」を、
選んで、
これからは、
使う事にします。

スーパーなど、
たくさん買う予定で、
出かける時は、
大きいマイバッグに、
逆に、カバンを入れて行きます。

その度に、いつも思い出すのが、
ハワイで使ってた、
「マイエコ保冷バッグ」。
大きいけれど、
肩から下げると、
意外と、持ちやすくて、
冷たいものも大丈夫で、
大活躍だったなあと…

また、渡航出来るようになったら、
1つ、絶対に買ってこようと、
思っているところです。
(yui)

icon

△新しい日記    /    ▽古い日記

© Yui Nishiwaki 1999-2021 | Contact Information